陰毛の処理ってどうやるの?

陰毛の処理ってどうやるの?

陰毛の処理ってどうやるの?


【今ならまだ間に合う!】ミュゼは2017年7月から半額、90%OFFキャンペーンを開始!

 

 

好きな部位を3か所選べて580円

 

Vラインの脱毛ならミュゼが一番お得!!


 

 

 

アソコの毛、つまり陰毛の処理ってどうすればいいの?

 

じつはVラインは比較的簡単と言われていますが、処理方法を間違うとかえってこくなったり、ひどい場合は赤くなったりして跡が残ってしまします。

 

陰毛のそれぞれの部位と処理方法

 

Vライン

Vライン、お腹の毛は自宅でやる場合は電気シェーバーが一般的です。
カミソリでされる方も多いのですが、カミソリの場合肌が傷ついたり、毛穴の上部だけがカミソリで切れてしまい、赤くなった跡がかえってめだってしまう場合があります。
もちろんばい菌が入るとそこから肌荒れなどになる恐れもあるので要注意です

 

やってはいけない陰毛処理

陰毛処理でやってはいけないのはまずは自分でブチブチ抜いてしまうことです、陰毛は意外と抜けやすいのでやってしまう人も多いのですが、自分で抜いてしまうと埋没毛といって毛が皮膚の下に入ったまま成長してしまい、黒いぶつぶつになってしまい非常に見苦しくなります。
また強引に抜くことでばい菌が入ったり、肌が傷ついてしまい、して赤く腫れたりしてかえって目立ってしまう場合があります。

 

これ以外にも線香で焼いて陰毛処理をするケースがあります。

 

最近はあまり線香による陰毛処理は聞かないのですが、今のように脱毛が一般的でない時代は線香で陰毛を処理してる人が多く、意外とまだこの処理方法をしてる人がいるのですが、線香による陰毛の処理の場合は脱毛の方法がいろいろある今ではお勧めできません。

 

というのも陰毛を線香で焼くとひどいニオイがするほか、毛が線香の熱によって変にねじまがってしまい、ちりちりになります。
特に太い毛などは見てもわかるほどなので見た目も悪いのです(経験談)

 

また、根本まで線香でやると火傷で赤く腫れてしまいます。
実際に他の人で根本まで線香で脱毛した人を何度か見かける機会がありましたが、正直キレイとは言えず、赤くなり見苦しい状態になっていました。
せっかく処理しても脱毛前よりも見た目がきれいじゃないのはちょっと避けたいですからね。

 

ですのでこれら二つの陰毛の処理方法についてはご注意ください。

 

一番手っ取り早くキレイにできるのは脱毛サロンによる脱毛

今脱毛ブームのためにハイジニーナなどのすべてのアンダーヘアの毛をなくしてしまうような脱毛をはじめ様々なアンダーヘアの脱毛が流行っています。
脱毛サロンは安く、キレイに早く脱毛できるということで今後も脱毛サロンで気軽に脱毛する人が増えるでしょう。
陰毛の処理はプロにお願いする方が早いかもしれません。

 

またVラインの処理は形も重要です。
I字型からひし形、三角形までさまざまなVラインの形が今はあるためにサロンで脱毛する場合は脱毛サロンのカウンセリングなどでしっかり理想の形を伝えておきましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ